ギガらくブログ
blog

TOPギガらくブログ

今の時代だからこそ、オリンピックと無線LAN(WiFi)

2016/07/01 オリンピック効果

2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催 公衆無線LAN設備の促進

 

2020年、東京でオリンピック・パラリンピックの開催が決定したことに伴って

東京だけではなく、日本全国に外国人観光客が増えると見込まれています。

 

総務省では、このオリンピック・パラリンピックの開催を見据えて、公衆無線LAN(WiFi)の整備の促進に取り組んでいるようです。

 

なぜ、そのような環境が必要なのでしょう?

 

外国人旅行者が旅行中に困ったことを観光庁がアンケートを取ったようです。

それによると、言葉の違いで起こること(例えば、飲食店・宿泊施設の予約 等)以上に困っていることが、

無料の無線LAN(WiFi)環境だそうです。

日本の無線LAN(WiFi)は会員限定が多く、非会員の外国人旅行者はほとんど利用ができません。

その結果、外国人旅行者はネットに接続しにくく、外国人旅行者向けの情報にアクセスができないようです。

この改善策として外国人旅行者誰もが、無料で利用できる無線LAN(WiFi)を増やすことと、

公衆無線LAN(WiFi)のアクセスポイントの周知を図ると言う事です。

 

001080249

共通シンボルマーク(Japan Free Wi-Fi)

外国人旅行者が利用できる無料公衆無線LAN(WiFi)スポットがデザインなどで見てわかるように、

観光庁が共通シンボルマークを策定しました。

基準を満たし、申請をすれば、利用場所にステッカーを張る事ができるのです。

また、利用申請することにより、WiFiスポットとして登録され、WiFiスポット情報サイトにも掲載されるとの事です。

 

このように、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を目途にWiFiスポットの整備はかなりのスピードで

進んでおり、会社や店舗への導入が急がれています。

 

乗り遅れないように、店舗WiFi環境の整備を行いたいですね!

 

お気軽にご相談ください。

店舗・オフィスへの
ギガらくWi-Fi導入のことなら
お任せください!